さまやまつり

f:id:tozenji:20181117234001j:plain

 

特別拝観 東漸寺文化財修理落慶記念法要

「さまや まつり」 
平成30年11月24日(土)10時~お昼ころまで

 

お寺の寺周辺の住宅開発がすすみ、賑わいが増すととともに、山門脇にそびえる長崎県天然記念物「大クス」保存のための空間が必要となりました。


千年先でもクスノキが葉を茂らせることを喜びとする地域であることを願い、「クスノキ千年計画」として樹勢回復事業を行いました。
おかげさまで美しい姿となり、樹域保護エリアとして用地取得し道の整備を行い、将来、クスノキが倒れることがあってもなるべく寺の内で済むようにと、半ばやむを得ない建設ではありましたが講堂「さまや」も無事に竣工いたしました。


平成26年の佐世保市文化財薬師如来立像」から始まり「不動明王像」修理完了、長崎県景観資産指定など有り難いご縁をいただきました


これは、この地域で昔々より生きてきた方々からの贈り物でありますし、今を生きるみなさまがたのお心がけの賜であり、深く感謝申し上げます。
落慶式を行いますので、ご自由にお参りいただき 楽しい一時をお過ごしくださればと存じます。

 

f:id:tozenji:20181117234333j:plain

趣 旨

 「歴史の保存」は 当地域に数千年にわたり住み続けてきた先人への感謝と、
 信仰への敬意 そして 未来を作り出す子どもたちへ命の根源を伝えるために、
 寺の責務として最も大切にしております。
 さまや(三摩耶)とはサンスクリット語で集まりや約束という意味です。
 大きなクスノキを多くの人たちの力で時代を超え守り伝えていく誓願
 象徴する言葉として使っています。
 この地域の子どもたちは必ず足を運び見学をする東漸寺です。
 より多くの皆さまに文化財保護の大切さを知っていただくとともに、
 自然と調和をした地域であり続けることを願い、
 広く皆さまにお知らせをし開催いたします.

 

詳 細

 午前10時 本堂内にて落慶記念護摩法要を行い、薬師如来佐世保市文化財
 不動明王佐世保市文化財)の御前にておひとりづつ拝観をしていただきます。


 午前10時50分 法要に引き続き本堂内にて記念式典(11時10分終了予定)


 その後 大クス(長崎県天然記念物)  魔鏡(佐世保市文化財
 宗家松浦盛公の宝篋印塔(佐世保市文化財) などをご朱印を集めながら巡ります

 同時に講堂「さまや」にて 縄文土器をはじめ 地域の歴史をたどる
 展示を行います。
 境内にて婦人会でご準備いただく各種ご接待を ご随意にお楽しみください。


*雨天の場合は本堂での法要と式典のみを行い、客殿にてお接待を行います。
*ご自由に参加いただけますので ぜひお子様やご親族などご一緒にお参りください。
*駐車場に限りがありますのでできる限りのご協力をお願いします。

秋のお彼岸法要

f:id:tozenji:20150919214617j:plain

 

秋のお彼岸法要

平成30年9月20日(木) 午前11時から12時まで

 

 お彼岸は、春はぼたもちを、秋はおはぎをお供えし頂くという習慣があります。収穫したばかりの夏小豆は粒餡にして、粒の姿が萩の花のようでおはぎと呼び、冬を越し硬くなった小豆はこし餡にして、牡丹の花のように丸く作るのがぼたもちだという説があります。

 小豆は古代からの食べ物です。甘いものは貴重で、人が集まる時に振る舞うことは、最高のおもてなしです。

 

 日が昇る東は生きるものを救う薬師如来、日が沈む西は極楽浄土を守る阿弥陀如来です。秋分のおひさまが、真東から真西に結ばれる様子に、生きる私とご先祖さまが結

ばれることを重ねます。

 

 自然と調和し、先祖を敬い、しのぶ日、それがお彼岸の心となりました。

 

 お寺では、お経をとなえ、仏の教えを説き、ご先祖のご供養と、生き方を考えるひとときとします。

黄ばんだマック

  1993年は憧れのマッキントッシュというコンピューターが身近になった年でした。お家にやってきた一体型のLC520はモニタが大きく頭でっかちで、SE/30やクラッシックのように格好良くはありませんでしたが、内臓ステレオスピーカーからの起動音は田舎の寺に未来が来たことを感じるには十分でした。ハイパーカードで勉強をし、アルダスページメーカーで寺新聞を作り、ファイルメーカーでデータベースを実践していました。

 

 しばらく使っていると、クールなはずの筐体が黄ばんできました。なんということでしょう。磨き粉や洗剤などを使って磨いてみたりしたけどキレイにはなりません。未来への使者は意外に人間味があるなぁなんて感じるほど私のココロの修行も足りておらず、ただただ、残念な気持ちになっていた思い出があります。

 

 f:id:tozenji:20180816180718j:plain

 

 それから25年が過ぎ、黄ばんだ筐体に見せるシールをマックブックに貼り付けて悦に入っている自分がいます。我ながら、誠にご苦労さまなことです。

 

 大好きなモノ(あるいは人)の変化は、苦しみとなっていきますが、時が過ぎると喜びにも成り得るのですね。苦楽はそのモノが決めているのではなく、自分の心の持ちようです。宝物が手の中にある間は喜びで心が満たされますが、落として割れた瞬間に悲しみや怒りへと変わることも同じような理屈です。

 

 人生を振り返ってみると、思い通りになったことよりも、そうならなくて苦しんだことが懐かしく記憶に蘇るものです。その時の工夫や努力は何かのカタチで生きてくる可能性が高いのです。ちょっと不自由かなって思っても、楽しんでいきましょうよ。

桜の花

f:id:tozenji:20180406223951j:plain

 

 今日は少しだけお手伝いをしている更生施設の観桜会。少年たちと一緒にお昼をいただき、レクリエーションをして過ごします。残念ながら昨晩からの雨に、桜はほぼ散ってしまいました。

 

はじめに施設長さまのご挨拶

「今日は目の前にもう桜はありません。しばらく瞳を閉じてください。

そして、今までに見た桜の花を思い出してみてください。

一人で見た桜、家族で観た桜、もしかしたら、桜の下でも悪いことをしたかもしれませんね・・・。

もうしばらくの間、心の中の桜を見つめてください」

 

「思い出してみた?」と食事をしながら隣の少年に聴くと、

「思い出せないです、何やってたのか」と。

「今年のはどうかな」

「必ず覚えておきます」

「いいよ、そんな真面目なこと云わなくても、私は先生じゃないし」

 

そんな他愛もない話をしながらご飯を一緒にする春の午後。

ゼスチャーゲームで「羽生結弦」を表現するのは、

私も少年も、とても難しかったです。

 

 

春のお彼岸法要

f:id:tozenji:20160316210704j:plain

 

平成30年3月21日(水)午前11時から法要を行います。

(併せて水子の卒塔婆供養を行います)

 お彼岸とは、私の生活が、仏さまのように、やすらかで、幸せに過ごしているかを、かえりみるための行事です。ご先祖さまから見れば、残した子孫が幸せに暮らしていることが、最高の喜びでありますでしょうし、私からしても、心の円満なしには、供養を行うことができません。

 移ろう季節のように苦楽ある人生、かえりみる心を持つことのみが良い生き方へとむかいます。

 春のおだやかな日に、お寺やお墓参りを通じて、私のいのちの根源であるほとけさま、そしてご先祖さまへ、今の私がどう生きているかをお見せしましょう。

愛宕まつり

愛宕山山頂にて

毎年2月24日から26日まで


f:id:tozenji:20120826130556j:plain

 

 柚木から俵ヶ浦にいたる、昔、相神浦(あいこのうら)といわれた地域からは、いたるところから愛宕山を望むことができます。


 愛宕勝軍地蔵菩薩、不動明王、毘沙門天の三尊は、戦国時代の武将たちの守り本尊でした。この地をおさめた宗家松浦氏は、愛宕さまを中心にお祀りしたのでしょう。

 江戸時代となり、この地を治めた平戸松浦氏は、滅ぼしてしまった宗家のお城があった愛宕山を、東漸寺に命を出して手厚く守ります。旧正月24日の地蔵菩薩の初縁日に、愛宕勝軍地蔵菩薩を山頂でおまつりすることが始まったのです。

 

f:id:tozenji:20070709133929j:plain

f:id:tozenji:20070709133954j:plain

 

 東漸寺は平戸藩祈願寺でしたので、明治になると役目がなくなり廃寺となります。勝軍地蔵は武将が神格化した姿で廃仏棄釈の格好の対象となり、明治以降に国の政策として始まった神社神道にくみこまれ、いったんは愛宕神社と名付けられ取り上げられます。江戸時代に松浦氏が造らせた祠や石灯籠などは壊されてしまいました。同様にして全国にあった白馬に跨る武将が錫杖と如意宝珠を持つ御姿のほとんどが、無かったものとされました。しかし、東漸寺は本尊を守ろうとする方々が集まり明治13年に本堂を再興。相浦愛宕山でも御神体と山頂を守る活動がおこり、山麓にある洪徳寺さま、金照寺さまを始め、地域の方々による、いにしえより勝軍地蔵菩薩が祀られていた仏のお堂であるとの証明が長崎県庁へ提出されて、愛宕神社は廃止され山頂のみが境内地として認められることとなり、古い時代のままの姿が残されました。現在も戦国時代からの遺構があちこちに見受けられます。

 

 

f:id:tozenji:20150224113059j:plain

 

 旧暦が廃止されて新暦に変わり、2月24日が御縁日と定められます。23日10時から東漸寺にて護摩祈願を行い、午後に愛宕勝軍地蔵さまを山頂へ運び上げ、夜7時から山頂御宝前にてご開帳をし、領内安全五穀豊饒、地域の安全と豊かであることをお祈りし、お堂でお籠りをします。昭和の初め頃には、8畳間ほどのお堂に泊まりきれずに、外で火を焚きながら朝がくることをお待ち受けしたと聞きます。24日の朝、皆様の参拝が始まります。

 

f:id:tozenji:20150224113214j:plain 

 

 標高259メートル、30分ほどの急な山道、すれ違いざまに「こんにちは」「おつかれさま」「もう少しですよ」と、あたたかい言葉が交わされます。そして、山頂でまつられている愛宕さまを、それぞれの思いで拝む。住んでいる町の様子を高いところから眺め見る。それが「愛宕まつり」です。

 

 愛宕山の裾野の武辺城を向く方向が門前と呼ばれる、いわば正面玄関です。もともと、洪徳寺と飯盛権現が鎮座していました。飯盛権現は東漸寺が別当として祭礼を行っていました。今も付近の山中には古い石垣などが数多く残り、お城へとつながる飛び石や、直線道路が残っています。相浦中里ICが造られるときに発掘された門前遺跡は縄文から江戸時代という長い間の人の営みがみえます。

 

f:id:tozenji:20150224173306j:plain

 

 近世に相浦は炭鉱積み出しで港の方向へ町が開かれて、愛宕まつりに合わせて、市(いち)が立ちはじめ賑わい始めました。同時に愛宕山全域は陸軍の境界標柱が多く残っているように、要塞として機能していたようです。大正から昭和と、しだいに戦争が多くなり始めると、昔からのまつりごとが中断されて、人々の入山が規制されました。先々代の住職の昔話で、お地蔵さまを上げようとしていると山の中からいろいろな者が出てきて、止められて困ったと語っていました。第二次世界大戦下では、山全体の木が切り払われ、住職自体もとうとう入山が出来ずに、祭を行うことが出来ませんでした。

 

 戦後すぐに山頂でのおまつりを再開、復興と共に地域の要望で26日までの3日間の祭礼を行い、賑わいがおこるようになりました。時代がさらに移り休日という感覚が浸透し、現在の市は、縁日と無縁となり週末を選んで行われています。

 

 人の営みにより価値観は変わりますが、お祈りの心は変わらないよう、お守りしています。


 晴れは晴れのように、雨は雨のように、曜日もいろいろ、体調が良い時、すぐれない時、登れたり、登れなかったり。それが数百年を守ることです。

 

 水もなければお手洗いもない山です。2月でも汗びっしょりになるくらい、きつい勾配です。どうぞ、準備万端でお越し下さい。