花まつり誕生会法要

4月11日(日) 午前十時/午前十一時/正午 三回に分けて法要を行います。 花まつりは、お釈迦さまのお誕生を祝う行事です。生花で飾りつけた花御堂のお釈迦さまへ、甘茶をかけておがみます。咲きほこる花のように、健康に生きていけますよう願います。また、…

春のお彼岸会

聖徳太子立像 3月17日(水)から21日(日) 五日間、午前10時から30分まで 「和をもって尊しとなす」と始まるのが十七条の憲法です。対立することよりも、調和・和らぎの心を持ち続ける努力を促しています。 本年は聖徳太子1400年御遠忌です。法隆寺など寺院…

愛宕まつり

2月24日は愛宕さまの御縁日です。 23日10時から東漸寺にて護摩祈願を行い、午後に愛宕勝軍地蔵さまを山頂へ運び上げます。夜7時から山頂御宝前にてご開帳をし、地域の安全と豊かであることをお祈りし、お堂でお籠りをします。 例年沢山の方に山頂ま…

東漸寺 節分会のご案内

護摩修行(お詣りのみなさまは、添護摩札に願い事をお書きになり、直接護摩の炎にいれていただきます) お寺では、春を迎える節分に一年の安寧をお祈りしております。 今年は、早朝に住職だけでお勤めをして、御札を御祈願します。また、皆さまに随時お参り…

年始に思うこと

百八回の除夜の鐘を、今年は一人で30分かけて撞きました。いつもは境内が400人ほどの人で溢れ、準備から多くの方にお世話をいただいていましたが、みなさんにご家庭で年越しをお迎えいただきたくて、住職一人の静かで寒い年越しとなりました。 私が幼い頃、5…

新成人祈願会のご案内

本年は成人式が延期や中止となりました。東漸寺では、新たに成人を迎えられた方々の心願成就をお祈りします。今後しばらくの間、本堂に新成人記念記帳所を設け、記帳された方には御札を授与します。 當山は開創1035年を迎えます。ご本尊の薬師如来(佐世保市…

総本山智積院の御守です

東漸寺の本山は、京都東山にあります智積院です。ご本山では毎朝お不動さまの御宝前にて疫病退散・息災安穏の護摩が修されています。本山を参拝された方には特別に祈願をされた御守がお授けされています。 この度、御本山のご厚意により、その御守が届きまし…

お正月を過ごす

おてがき(お手がけ) お菓子としてのお年玉です。世の東西を問わずに、お祝いにお菓子は欠かせません。師走に入った頃から、お正月に向けたお菓子を選んでいきます。準備をするところから、愉しみが始まっています。 平戸藩に伝わる元旦の朝の作法では、玄…

受け手のこころ

敦煌莫高窟57窟菩薩 小学1年生の時、両親から寝る前に玄関の外に自分のバッグを出しておくように言われ、朝になるとそのバッグには、まんまと戦車のプラモデルが入っていました。うちは寺なのでサンタは来ないと作文に書いた(らしい)私を不憫に思った先生…

年末年始の対応について

年末年始の夜間参拝は中止します。 除夜の鐘、年越しの法楽ともに、寺内のみで行います。youtube、インスタグラムで配信を行う予定です。 ご参拝やお守りの授与は、日中に本堂へお参りください。お堂の窓はあちこち開けていますので、暖かくしてお出でくださ…

開山忌報恩講

12月6日(日曜日) 午前9時30分 午前11時 午後1時(3座行います) 師走を迎え、お寺でお経をおあげし、月輪観・一人でできる心の整え方 のお話をいたします。ご先祖供養と共に一年を省みて、人々の幸せをお祈りする時間としてください。 美しい満月をながめ…

NCC長崎文化放送 カメラマンズレポート

www.youtube.com 今年の愛宕まつりの様子を記録してくださいました。 有難うございました。

産経新聞・ふるさと富士

www.sankei.com 産経新聞【ふるさと富士】で、愛宕山をご紹介いただきました。納冨カメラマンの三日間にわたり写真を撮りつづけ、直接記事にはならないと思われる部分まで詳しく取材をされるお姿には、とても感銘を受けました。誠に有難うございました。 動…

秋のお彼岸法要

秋のお彼岸法要 令和2年9月19日(土)から22日(火)午前10時から30分間ほど、お勤めを行っております。 本堂は開放しておきます。ご体調が良く、お経の時間においでになりたい方は、ご自由にお参りください。 *ご法礼受付は対面で行いません。お…

菩提行願不退転

智積院第62世化主 芙蓉良順猊下 御染筆 さとりへの修行も願いも けっして退くことはありません 仏の心を持つことができたならば そうそう悪い方へ向かうことはありません 三種生は、エニシダ アレカヤシ 菊

供養について

供養という言葉の本来の意味は「尊敬」です。仏さまを尊敬するから供養すると表現します。先祖や亡き方へ敬意を示すことも供養をしていると言い表します。生きるもの同士も敬い合うので供養をしているのですが、これは尊敬すると言いますね。日本では先祖供…

夏の行事が終わりました

施餓鬼会に衣を着せられて、拝むようになって五十年ほど経ちます。高校生からはお盆経にお参りをさせて頂くようになりました。お寺に住むのであれば、夏の供養をして、お寺へ恩を返さなければならないと父に言われ、右も左もわからない私を、温かく迎えてい…

お盆をお迎えします

令和の時代が華やかに始まった一年前に、疫病に悩む時代になるとは、夢にも思いませんでした。 令和は天平二(730)年に太宰府で行われた梅花の宴を詠んだ歌に拠るものです。それから数年後、疫病が九州で大流行をします。多くの農民が亡くなり飢饉が起き…

お盆の行事について

施餓鬼会 8月8日(土曜日) 午前9時30分から10時まで 初盆家のみなさまはお集まりください。 午前11時から午後3時まで 初盆以外の御檀家のみなさまは、随時参拝ください。 本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために、一同に集まっての法要は行うことが…

大般若会

大般若会 7月24日(金)10:00~12:00 本年は集まっての法要はできません。お時間の中で密にならないよう、随時お参りください。 大般若経六百巻は、仏教の肝要が説かれており、般若心経の源となるお経です。中国の僧、玄奘三蔵が苦心してインドから中国に…

お砂踏法要

毎年写経を奉納し、お砂踏み霊場を巡り、お弁当をみんなでいただくという行事を行っておりましたが、本年は行いません。 お砂踏み霊場は、写経を奉納する七重塔を中心に八十八の石仏があります。その踏み石の下には、四国霊場各所から頂いた砂が埋まっており…

赤ちゃんがおいでになる

画僧牧宥恵さまから描いていただいたお薬師さま 1995年というと、パワーブック5300csというラップトップ(とはいえ厚みは6センチほどありましたが)を持ってウキウキしていた頃。初めての子どもに恵まれた年です。 「赤ちゃんがおいでになりましたか、おめ…

お薬師さまのお経

2015年にお薬師さまは大修理を行いました。700年の間には、廃寺になったこともありますし、防空壕の中で腐れてしまったこともあり、さまざまな困難を超えて今に伝わっています。 1500年ほど昔のインドで薬師経というお経ができて、チベットや中国、さらに日…

お巡(めぐ)りをお考えのみなさまへ

ご本尊薬師如来ご真言 おんころころせんだりまとうぎそわか (壁紙サイズにしておりますので、握り仏としてください) 東漸寺は九州88ケ所霊場74番札所に指定されています。九州一円を巡り、本堂にあがって拝める霊場として親しまれています。 霊場巡りは各県…

花まつり 誕生会

花御堂のお釈迦さまを拝みます 4月12日 花御堂にお釈迦さまをおまつりしています。甘茶はありませんので、手を合わせて拝んでいただきたいです。 本年は、時間を決めて法要は行いません。 状況を踏まえて、お祈りをしておきたい方は、お参りください。 赤ち…

花にちなんで

ご本尊 薬師如来が持つ薬壺(やくこ) 薬を与え病を除き、苦しみを癒やし、寿命を延ばそうと願うお姿です。ご真言は「おんころころせんだりまとうぎそわか」苦しみの時、繰り返しお唱えください。 先が見えない毎日となりました。恐れを抱くことは、身を守る…

お檀家のみなさまへ

弘仁9(818)年、都で疫病が流行し、嵯峨天皇は弘法大師空海のすすめで般若心経を写経され、苦しむ人々の平癒を祈りました。この故事にあやかり、お檀家の皆さまに写経用紙をお届けしました。お楽しみいただき、ご利益があることを願っております。 さて、寺…

今日から彼岸です

春のお彼岸法要

ご本尊 薬師如来 病気平癒を祈り、世の中の平和を願ってきたほとけさま。700年ほど昔に刻まれた九州仏で、かわいい笑みが特徴的です。仏さまの姿は、自分自身の本来的な優しさ、清らかさを、目覚めさせ観じさせます。壁紙サイズにしておりますので、暗い…

愛宕まつり

NCC長崎文化放送公式チャンネルで、愛宕まつりの様子を公開していただきています。 連日の機材とともに山頂までの取材は、とても大変なことで、誠に有難うございました。 ひとりひとりの思いや、山を一歩づつ登っていく時間を大切にする「愛宕まつり」を、つ…