春のお彼岸法要

3月18日(金曜日)から21日(月曜日)まで

四日間午前10時から30分間ほどのお勤めを行ないます。彼岸会では平和を願い、すべての魂が安らかでありますようお祈りをします。ご先祖代々の供養、また水子精霊の供養を併せて行います。

 

 『てぶくろ』というウクライナ民話の絵本があります。雪の日におじいさんが手袋を落とします。そこへ、ねずみ・かえる・うさぎ・きつね・おおかみ・いのしし・くまが次々と入ってゆき暖を取ります。たくさんの動物に、読みきかせている子どもの目は輝きますが、大人の私たちにとっては、そもそも小さな手袋にそんなに動物たちが入るのかしらと不思議ですし、小さな動物が天敵に食べられてしまわないか心配です。みんなで手袋にぎゅうぎゅう詰めになり暖かくしていると、おじいさんが手袋を探しに来て、それぞれ森の中に帰ってお話は終わります。

 

f:id:tozenji:20220316231148j:plain

 

 お釈迦さまの涅槃図には、仏さまや弟子たちが別れを悲しむ姿がありますが、そこには多くの動物や虫たちもいっしょに描かれています。食物連鎖の中で弱肉強食の世界に生きる動物たちも、お釈迦さまとの別れを大いに悲しんでいます。

 『涅槃経』には、一切衆生悉有仏性という一節があります。すべてのものに仏のこころがある。すべてのものの「働き」には代えがたい役割があり、それを命と呼ぶことを説いています。

 

f:id:tozenji:20181231183348j:plain

 

 お大師さまが伝えた曼荼羅には、区切られた中に大小の仏が描かれています。考えや行動が違う、多様な生き方をしているものが、この世界に一緒に過ごしている。それを保ち続けるには、互いに理性を保たねばならないことを表現しています。

 

 どのお話、絵画も、この世界にそれぞれの生き方で共在する命が、みな等しく生きてゆくようにと、私たちに伝えています。一人ひとりの私は、世の中を変えるような大きな力はないのかもしれません。しかしながら、命を活かす心を持ち続けることだけは、忘れてはなりません。

愛宕まつり

 

2月24日は愛宕さまの御縁日です。

f:id:tozenji:20220209190541j:image

例年3日間山頂にて勝軍地蔵菩薩をお祀りしておりましたが、本年は24日夕方までは山頂で、25・26日は東漸寺本堂にて開帳いたします。

山頂でお祈りした御札や御守りは、25日以降も東漸寺にてお授けします。

狭い山道ですので、お登りの際には、感染症予防に心がけ周囲にご配慮いただくことをお願いいたしますが、どうかお身体の負担にならないようゆっくりとご参拝いただければと思います。

本年も、皆さまで気持ちよく愛宕さまをお祀りできることを祈念しております。

愛宕まつり

愛宕山山頂にて

令和4年2月24日(木)

(25日、26日は東漸寺本堂にてご開帳しております)

 

f:id:tozenji:20120826130556j:plain

 

 柚木から俵ヶ浦にいたる、昔、相神浦(あいこのうら)といわれた地域からは、いたるところから愛宕山を望むことができます。


 愛宕勝軍地蔵菩薩、不動明王、毘沙門天の三尊は、戦国時代の武将たちの守り本尊でした。この地をおさめた宗家松浦氏は、愛宕さまを中心にお祀りしたのでしょう。

 

 江戸時代となり、この地を治めた平戸松浦氏は、滅ぼしてしまった宗家のお城があった愛宕山を、東漸寺に命を出して手厚く守ります。旧正月24日の地蔵菩薩の初縁日に、愛宕勝軍地蔵菩薩を山頂でおまつりすることが始まったのです。

 

f:id:tozenji:20070709133929j:plain

f:id:tozenji:20070709133954j:plain

 

 勝軍地蔵は武将が神格化した姿です。明治維新政府からは廃仏棄釈の格好の対象となり、その頃、国の政策として始まった神社神道にくみこまれ、いったんは愛宕神社と名付けられ、国に取り上げられます。江戸時代に松浦氏が造った祠や石灯籠などは徹底的に壊されてしまいました。同様にして全国にあった白馬に跨る武将が錫杖と如意宝珠を持つ御姿のほとんどが、無かったものとされました。愛宕山という名称は残っていても、お宮なのか何なのか、現代人にはよくわからないという理由ですね。

 

 国に摂取された時に、勝軍地蔵の御神体は密かに東漸寺へ避難してありました。明治30年頃に、御神体と山頂は本来は地蔵堂として守ってきたという活動が地元でおこり、山麓にある洪徳寺さま、金照寺さまを始め、地域の方々による証明が長崎県庁へ提出されて、愛宕神社という名称は誤りであったことが認められ、山頂のみが境内地として認められることとなります。残念ながら戦国から江戸時代にかけての姿は、すべて破壊されていましたが、長い年月をかけて現状まで復興している途中です。

 

 

f:id:tozenji:20150224113059j:plain

 

24日は地蔵菩薩の御縁日、旧正月の初縁日に愛宕山をおまつりすることが「愛宕まつり」です。

 

 旧暦が廃止されて新暦に変わり、2月24日が御縁日と定められます。23日10時から東漸寺にて護摩祈願を行い、午後に愛宕勝軍地蔵さまを山頂へ運び上げ、夜7時から山頂御宝前にてご開帳をし、領内安全五穀豊饒、地域の安全と豊かであることをお祈りし、お堂でお籠りをします。

 昭和の初め頃には、8畳間ほどのお堂に泊まりきれずに、外で火を焚きながら朝がくることをお待ち受けしたと聞きます。24日の朝、皆様の参拝が始まります。

 

f:id:tozenji:20150224113214j:plain 

 

 標高259メートル、30分ほどの急な山道、すれ違いざまに「こんにちは」「おつかれさま」「もう少しですよ」と、あたたかい言葉が交わされます。そして、山頂でまつられている愛宕さまを、それぞれの思いで拝む。住んでいる町の様子を高いところから眺め見る。それが「愛宕まつり」です。

 

 愛宕山の裾野の武辺城を向く方向が「門前」と呼ばれる、いわば正面玄関です。もともと、洪徳寺と飯盛権現が鎮座していました。飯盛権現は東漸寺が別当として祭礼を行っていました。明治維新で廃止されてしまいます。今も付近の山中には古い石垣などが数多く残り、お城へとつながる飛び石や、直線道路が残っています。相浦中里ICが造られるときに発掘された門前遺跡は縄文から江戸時代という長い間の人の営みがみえます。

 

f:id:tozenji:20150224173306j:plain

 

 近世に相浦の港は炭鉱積み出しで町が開かれて、現在の相浦町となっていきます。その頃から愛宕まつりに合わせて、市(いち)が立ちはじめ賑わい始めました。

 しかし、愛宕山全域は陸軍の境界標柱が多く残っているように、要塞として機能していたようです。大正から昭和と、しだいに戦争が多くなり始めると、昔からのまつりごとが中断されて、人々の入山が規制されました。先々代の住職の昔話で、お地蔵さまを上げようとしていると山の中からいろいろな者(つまり警護の人のことなのでしょう)が出てきて、行く手を止められて困ったと語っていました。第二次世界大戦下では、山全体の木が切り払われ、住職自体もとうとう入山が出来ずに、祭を行うことが出来ませんでした。

 

 戦後すぐに山頂でのおまつりを再開、戦後の復興と共に地域の要望で昭和30年頃から24日から26日までの3日間の祭礼を行い、賑わいがおこるようになりました。植木市として広まり始めた頃です。

 

 時代がさらに移り休日という感覚が浸透し、現在の市は、愛宕まつりとの縁日と無縁となり週末を選んで行われています。

 

 人の営みにより価値観は変わりますが、お祈りの心は変わらないよう、お守りしています。


 晴れは晴れのように、雨は雨のように、曜日もいろいろ、体調が良い時、すぐれない時、登れたり、登れなかったり。それが数百年を守ることです。

 

 水もなければお手洗いもない山です。2月でも汗びっしょりになるくらい、きつい勾配です。どうぞ、準備万端でお越し下さい。

深まる秋に

f:id:tozenji:20211009115129j:plain


待有余而済人終無済人之日

待有暇而読書必無読書之時

己未仲秋善庵老人鼎

 

朝川善庵書(江戸時代後期の儒学者、平戸松浦藩儒官)

生花は、石化エニシダ・ホトトギス・トルコキキョウの三種生。

 

余り有るを待ちて人を済はば、

終に人を済ふの日無けん。

暇有るを待ちて書を読まば、

必ずや書を読むの時無けん。

 

十分な余裕ができるのを待って人を救済しようと考えても、結局は人を済うような日は来ないだろう。

暇ができるのを待って書物を読もうと考えていても、きっと書を読む時は来ないであろう。

 

日々を好い日と感じ取ることは、自分にしかできないのだろうと感じます。

スマホ置き 積ん読手に取る 秋の夜かな

薬師経 写経のつどい

f:id:tozenji:20210502154005j:plain

 

毎月一回、ささやかながら写経のつどいを行っています。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

 毎月第一日曜日 午後3時から5時まで

 (写経所要時間は1時間ほどです)

 講堂さまや にて

 参加納経料 千円

 

ご本尊の薬師如来さまのお経は薬師本願功徳経といい、苦しみを除く道を伝えたお経です。三蔵法師が訳された薬師経の字数を数えると、約五千文字。これを200文字ちょっとで区切ってゆくと、24回写経を行うことで自分で書き上げた薬師経一巻が出来上がります。

 

f:id:tozenji:20210604163435j:plain

 

毎月ではなくても、自分のペースで参加して順々にお書きになって、完成を目指してまいりましょう。

 

f:id:tozenji:20210604161438j:plain

 

写経用紙の終わりには、毎度願意を書きます。一会分が書き終わりましたら、その都度本堂にて写経を香に薫じ奉納します。

 

f:id:tozenji:20210604164438j:plain

 

誰がどこまでお書きになったかわかるように、ファイルに入れて本尊さまの下でずっと保存してゆきますので、期間があいても心配いりません。次の会からまた始まることができます。写経会参加カードには1回ごとに寿命長遠の印を押します。

 

f:id:tozenji:20210604185443j:plain

 

最後の24回目の会では、薬師如来のお姿を写仏して、願意の部分に糊付けし、製本の作業を行ってもらいます。

二年前のご自分の願意を思い返しながら、月日の流れに想いを馳せるのも一興。

 

f:id:tozenji:20210604162723j:plain

 

出来上がった経本は、お寺に永代保存します。持ち帰って手元に置くのも良いでしょう。

  

f:id:tozenji:20210604164758j:plain

 

完成するまでには、早くとも24ヶ月。2年かかります。さて、その頃にコロナ禍が治まっているのかはわかりませんが、それくらい長い気持ちで心を鎮めていくことが必要です。これからの未来、人とのお付き合いが大きく変わっていく不安があります。写経でお会いすることを縁としてお話を深め、安心につながるような日曜日の午後になればと願い、コーヒーなどを準備してお待ちしています。

 

f:id:tozenji:20210502153117j:plain

 

また、お寺に来れない方でもお家に持ち帰ってゆっくりと写経をお楽しみいただけるよう、本堂に写経セットをおいております。また、本堂や講堂さまやはいつでも開放しておりますので、写経会の時間でなくとも、お寺にいらした時に筆をとっていただくこともできます。

 

皆さまがお好きな時に、お好きなように、薬師経を通してご自分と向き合えますよう。

お気軽にご参加ください。

 

f:id:tozenji:20210604163012j:plain

 

薬師経写経用紙は、日本書技研究所 中本白洲先生のご協力をいただきながら、全文を製作中です。先生のおかげで、とても格調高い写経ができますこと、有り難く感謝申し上げます。

白洲ブログ | 株式会社日本書技研究所

秋のお彼岸会

f:id:tozenji:20150331140150j:plain

ご本尊 薬師如来


彼岸とは、秋分の日を中日として、心豊かに生きるために必要な六つの心(六波羅蜜・ろっぱらみつ)を修養する一週間です。

9月20日(月)から26日(日)の7日間、午前10時から30分間、祖先を敬うお勤めをし、日に合わせたお話をします。 24日は護摩法要となります。

20日【布施】めぐみ

   喜びも悲しみも分かちあえると嬉しいです。

21日【持戒】いましめ

   きまりを守るから、互いが自由に生きられます。

22日【忍辱】たえしのぶ

   とても難しいですが、怒りは抑えたいです。

23日 秋分の日は中道

   かたよらない心で生きていきたいです。

24日【精進】はげみ

   続けることは難しいけれど、努力は惜しみません。

25日【禅定】しずけさ

   自分を見失わないように、落ち着いた行いを。

26日【智慧】智慧の徳

   知っているではなく、行なったことが大切です。

 

お盆の行事について

施餓鬼会 

 8月8日(日曜日)

  午前9時30分から10時まで

 初盆家のみなさまはお集まりください。

 

 11時・正午・13時・14時

 初盆以外の御檀家のみなさまは、随時参拝ください。

 

  早朝から住職が施餓鬼法を修し供養を施した後に、みなさまにお出でいただき、施餓鬼壇で水の子をお供えし拝んでいただきます。

 

 限りない物欲(ぶつよく)を、仏教では餓鬼(がき)といいます。お釈迦さまは、欲を離れ心を洗う手だてとして、「食欲」をたとえとします。自分が頂く食物をほんの少し自然に返す作法の修行を行いました。「水の子」は、季節のお野菜を小さくきざみ、洗米と茶葉を混ぜたお供え物です。施餓鬼壇で「水の子」を供え、ご先祖さま、有縁無縁すべての精霊への供養とします。

  

施餓鬼会 卒塔婆供養について

 施餓鬼会では卒塔婆供養を厳修いたします。卒塔婆とはお釈迦さまのご遺骨の上に建てられた塔に由来するもので、供養の証として大切なものです。お盆の間、お位牌とともに精霊棚でおまつりをします。 祖父母、両親など身近なご先祖さまはお戒名で、他は各家先祖代々として、ご供養されるとよいでしょう。 お卒塔婆は、十五日に精霊流しで流します。ご遠方の方はお寺で供養し流します。

 

お盆のお参り

  僧侶がご家庭を連続して訪問して、みなさまの生活圏内に入ることは、安全上難しいと判断をしております。初盆家以外は盆経をお寺で行います。

  郷里へ帰れないなど拝むことが難しい方もいらっしゃることと思います。宗派を問わずにお参りくださいませ。

 

f:id:tozenji:20210807203306p:plain

 

 お寺はできるかぎり開放し環境を良くして、個々のお参りは変わらずできますように調えておりますので、どうぞお参りくださいませ。