花まつり 誕生会

f:id:tozenji:20070412174110j:plain

花御堂のお釈迦さまを拝みます


4月12日 花御堂にお釈迦さまをおまつりしています。甘茶はありませんので、手を合わせて拝んでいただきたいです。


本年は、時間を決めて法要は行いません。

状況を踏まえて、お祈りをしておきたい方は、お参りください。

 

赤ちゃんの健康と子育成就をお祈りするお加持会は、個別に時間を決めますので、お電話ください。

花にちなんで

f:id:tozenji:20150330164607j:plain

ご本尊 薬師如来が持つ薬壺(やくこ)  薬を与え病を除き、苦しみを癒やし、寿命を延ばそうと願うお姿です。ご真言は「おんころころせんだりまとうぎそわか」苦しみの時、繰り返しお唱えください。

 

 先が見えない毎日となりました。恐れを抱くことは、身を守るうえで大切です。危険と思われることをなるべく少なくする努力が必要です。

 お寺のお薬師さまは、千年の歴史の中で、私たちのご先祖の喜びと悲しみを、ずっと見守ってきました。その長い年月と比べるならば、月日の予定が立たないことは瞬間のことなのかもしれません。この春の花を楽しむことができなかったとしても、一生すべてが台無しになったわけではありません。ただ、少しばかり先の長い坂道を、歩んでいかなかればならないようです。花にちなんだお釈迦さまの言葉があります。

 

 他人の間違いを見ない。他人のした

 ことと、しなかったことを見ない。

 ただ、自分のしたことと、しなかった

 こととだけは、しっかりと見るべき。

 

 うるわしく、あでやかに咲く花でも、

 香りの無いものがあるように、

 善く説かれたことばでも、

 それを実行しない人には実りがない。

 

 うるわしく、あでやかに咲く花で、

 しかも香りあるものがあるように、

 善く説かれたことばも、それを実行

 する人には、実りがある。

 

 うず高く花を集めて多くの花飾りを

 つくるように、人として生まれ

 またいつかは死ぬ定めがあるならば、

 多くの善いことをなせ。

 

 花の香りは風に逆らっては

 進んで行かない。

 しかし徳のある人々の香りは、

 風に逆らっても進んで行く。

 徳のある人はすべての方向に薫る。

 徳行ある人々の香りは最上であって、

 天の神々にもとどく。

 

 徳行を完成し、つとめはげんで生活し、

 正しい智慧によって心安らかな人は、

 悪いものが近づくことはない。

 

手を洗うことで危険が遠のくように、心も洗うことで安心を得ます。共にいたわりあう心を得るには、今までの「ものさし」とは違う長さで考え、行動することです。お経を唱え、写経を行い、心を見つめ、世界平和を願い、先祖を尊び、互いの健康を祈り続けましょう。

お檀家のみなさまへ

f:id:tozenji:20200403181355j:plain

 


 弘仁9(818)年、都で疫病が流行し、嵯峨天皇弘法大師空海のすすめで般若心経を写経され、苦しむ人々の平癒を祈りました。この故事にあやかり、お檀家の皆さまに写経用紙をお届けしました。お楽しみいただき、ご利益があることを願っております。

 

 さて、寺行事は集まらずに、拝むことができるように変更しております。ご本尊さまにお祈りし、ご先祖を大切にする心が、お互いを思う心につながると信じております。しかしながら、寺参りは状況に応じて、無理をなさらずに、気持ちが良いと感じる時になさってください。東漸寺ではお位牌堂に毎朝お霊膳をお供えし、供養を続けておりますので、どうぞご安心ください。

 

 年忌について、本堂での法要はしっかりと行いますが、他人を含む大人数のお斎(食事)は見合わせるべきと思っております。先日、遠方の家族が移動できずお参りできないと悲しんでおられました。離れていても、家族と心を共にして手を合わせられます。ご希望でしたら、どこからでもお勤めに参加できるようライブ配信もいたします。できる限りの行いで、ご先祖へお気持ちを伝えましょう。

 葬儀の参列者が発症したという報道がありました。例えば、通夜は住職と身内だけで早めにお勤めをして、みなさんには随時と案内しておけば、各自お別れしてお帰りいただけます。葬儀の本質は弘法大師から伝わる引導の儀式と読経を住職が行うことです。参列者の皆さまは、危険を作って密閉した空間に居続けなくとも、心を込めて焼香をすれば良いでしょう。

 

 祭壇や見栄え、飲食に工面するのではなく、家庭の雰囲気に合った供養の本来の意味をとりもどす機会だと感じています。不安なことがありましたら、お寺にご相談ください。

 

 戦争が迫りくる頃、作家の広津和郎は、「どんなことがあってもめげずに、忍耐強く、執念深く、みだりに悲観もせず、楽観もせず、生き通して行く」と説きました。この言葉のひとつひとつを大切にして、この困難な世の中を歩んでいきましょう。 合掌

 

          東漸寺 住職 奥島正就

 

 

春のお彼岸法要

f:id:tozenji:20200305220322j:plain

ご本尊 薬師如来 病気平癒を祈り、世の中の平和を願ってきたほとけさま。700年ほど昔に刻まれた九州仏で、かわいい笑みが特徴的です。仏さまの姿は、自分自身の本来的な優しさ、清らかさを、目覚めさせ観じさせます。壁紙サイズにしておりますので、暗いニュースが続く毎日、心を静めるお守りとしてください。

 

 手をあらうように

いつも心をきれいにしましょう

ご本尊さまを拝み

ご先祖の前を清らかにいたしましょう

 

 お彼岸とは、私の生活が仏さまのようにやすらかで幸せに過ごしているかを、かえりみるための行事です。

 ご先祖さまから見れば、残した子孫が幸せに暮らしていることが最高の喜びであります。私からしても、心の円満なしには供養を行うことができません。

 うつろう季節のように苦楽ある人生、かえりみる心を持つことのみが、良い生き方へとむかいます。

 

令和2年3月17日(火)から20日(金)
午前10時から30分間ほど
住職がお勤めを行っております。 

 

  私たちの心が平静でありますように、ご先祖のお魂が安らかでありますように、ご本尊薬師如来さまへのお勤めだけは住職が変わらずに行います。

 

 本堂は開放しておきます。ご体調が良く、お経の時間においでになりたい方は、ご自由にお参りください。

 

 除菌アルコールが手配できずにおりますので、各自清めてご参拝ください。各ご法礼受付は対面で行いません。お焼香台に各自お包みいただければ幸いです。お斎(とき)は行わずに自由に散会とします。

 

愛宕まつり

NCC長崎文化放送公式チャンネルで、愛宕まつりの様子を公開していただきています。

連日の機材とともに山頂までの取材は、とても大変なことで、誠に有難うございました。

ひとりひとりの思いや、山を一歩づつ登っていく時間を大切にする「愛宕まつり」を、つなげていきたいと思っています。

 

youtu.be

愛宕まつり

愛宕山山頂にて

毎年2月24日(月)から26日(水)まで

 

f:id:tozenji:20120826130556j:plain

 

 柚木から俵ヶ浦にいたる、昔、相神浦(あいこのうら)といわれた地域からは、いたるところから愛宕山を望むことができます。


 愛宕勝軍地蔵菩薩不動明王毘沙門天の三尊は、戦国時代の武将たちの守り本尊でした。この地をおさめた宗家松浦氏は、愛宕さまを中心にお祀りしたのでしょう。

 

 江戸時代となり、この地を治めた平戸松浦氏は、滅ぼしてしまった宗家のお城があった愛宕山を、東漸寺に命を出して手厚く守ります。旧正月24日の地蔵菩薩の初縁日に、愛宕勝軍地蔵菩薩を山頂でおまつりすることが始まったのです。

 

f:id:tozenji:20070709133929j:plain

f:id:tozenji:20070709133954j:plain

 

 勝軍地蔵は武将が神格化した姿です。明治維新政府からは廃仏棄釈の格好の対象となり、その頃、国の政策として始まった神社神道にくみこまれ、いったんは愛宕神社と名付けられ、国に取り上げられます。江戸時代に松浦氏が造った祠や石灯籠などは徹底的に壊されてしまいました。同様にして全国にあった白馬に跨る武将が錫杖と如意宝珠を持つ御姿のほとんどが、無かったものとされました。愛宕山という名称は残っていても、お宮なのか何なのか、現代人にはよくわからないという理由ですね。

 

 国に摂取された時に、勝軍地蔵の御神体は密かに東漸寺へ避難してありました。明治30年頃に、御神体と山頂は本来は地蔵堂として守ってきたという活動が地元でおこり、山麓にある洪徳寺さま、金照寺さまを始め、地域の方々による証明が長崎県庁へ提出されて、愛宕神社という名称は誤りであったことが認められ、山頂のみが境内地として認められることとなります。残念ながら戦国から江戸時代にかけての姿は、すべて破壊されていましたが、長い年月をかけて現状まで復興している途中です。

 

 

f:id:tozenji:20150224113059j:plain

 

24日は地蔵菩薩の御縁日、旧正月の初縁日に愛宕山をおまつりすることが「愛宕まつり」です。

 

 旧暦が廃止されて新暦に変わり、2月24日が御縁日と定められます。23日10時から東漸寺にて護摩祈願を行い、午後に愛宕勝軍地蔵さまを山頂へ運び上げ、夜7時から山頂御宝前にてご開帳をし、領内安全五穀豊饒、地域の安全と豊かであることをお祈りし、お堂でお籠りをします。

 昭和の初め頃には、8畳間ほどのお堂に泊まりきれずに、外で火を焚きながら朝がくることをお待ち受けしたと聞きます。24日の朝、皆様の参拝が始まります。

 

f:id:tozenji:20150224113214j:plain 

 

 標高259メートル、30分ほどの急な山道、すれ違いざまに「こんにちは」「おつかれさま」「もう少しですよ」と、あたたかい言葉が交わされます。そして、山頂でまつられている愛宕さまを、それぞれの思いで拝む。住んでいる町の様子を高いところから眺め見る。それが「愛宕まつり」です。

 

 愛宕山の裾野の武辺城を向く方向が「門前」と呼ばれる、いわば正面玄関です。もともと、洪徳寺と飯盛権現が鎮座していました。飯盛権現は東漸寺が別当として祭礼を行っていました。明治維新で廃止されてしまいます。今も付近の山中には古い石垣などが数多く残り、お城へとつながる飛び石や、直線道路が残っています。相浦中里ICが造られるときに発掘された門前遺跡は縄文から江戸時代という長い間の人の営みがみえます。

 

f:id:tozenji:20150224173306j:plain

 

 近世に相浦の港は炭鉱積み出しで町が開かれて、現在の相浦町となっていきます。その頃から愛宕まつりに合わせて、市(いち)が立ちはじめ賑わい始めました。

 しかし、愛宕山全域は陸軍の境界標柱が多く残っているように、要塞として機能していたようです。大正から昭和と、しだいに戦争が多くなり始めると、昔からのまつりごとが中断されて、人々の入山が規制されました。先々代の住職の昔話で、お地蔵さまを上げようとしていると山の中からいろいろな者(つまり警護の人のことなのでしょう)が出てきて、行く手を止められて困ったと語っていました。第二次世界大戦下では、山全体の木が切り払われ、住職自体もとうとう入山が出来ずに、祭を行うことが出来ませんでした。

 

 戦後すぐに山頂でのおまつりを再開、戦後の復興と共に地域の要望で昭和30年頃から24日から26日までの3日間の祭礼を行い、賑わいがおこるようになりました。植木市として広まり始めた頃です。

 

 時代がさらに移り休日という感覚が浸透し、現在の市は、愛宕まつりとの縁日と無縁となり週末を選んで行われています。

 

 人の営みにより価値観は変わりますが、お祈りの心は変わらないよう、お守りしています。


 晴れは晴れのように、雨は雨のように、曜日もいろいろ、体調が良い時、すぐれない時、登れたり、登れなかったり。それが数百年を守ることです。

 

 水もなければお手洗いもない山です。2月でも汗びっしょりになるくらい、きつい勾配です。どうぞ、準備万端でお越し下さい。