読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいだね

 お大師さまは、身(からだ)口(ことば)意(こころ)が常に一致していることが、幸せの条件であるといわれました。美しい月を見上げ、心からきれいだと思い、思わず「月がきれいだね」と言う時は、身体と言葉と心が一致しています。そういう純粋な行いの時には、どんな悩みも悲しみもなく、心が満たされるものです。

 

 ですが私たちの生活の中では、なかなか身口意がそろうことは難しいものです。きちんと座り、手を合わせ、お経を読むことは仏事のスタイルですが、これは身口意をそろえる方法といえます。

 

 年末に向け気ぜわしくなりますが、そういう時こそ、心落ち着かせる時間が必要です。